タグ「Microsoft Edge」が付けられているもの

Windows 11のMicrosoft Edgeを効率的に利用するためのキーボードショートカットを紹介します。

○表示タブを切り替える

Windows 11 Microsoft Edge をより快適に操作するキーボードショートカット(1)

Windows 11 Microsoft Edge をより快適に操作するキーボードショートカット(1)
☆複数のタブ表示をしている状態で右側のタブを表示したい場合には、「Ctrl」+「Tab」キー、また左側のタブを表示したい場合には「Ctrl」+「Shift」+「Tab」キーを入力します。また、任意のタブに直接ジャンプしたい場合には、「Ctrl」+「[数値(1~8)]」キーで表示順番に適合した番号のタブに、「Ctrl」+「9」キーでは最後のタブにジャンプできます。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11のMicrosoft Edgeで現在表示しているWebページを印刷したい場合には、「設定」-「印刷」を選択すれば「印刷プレビュー」が表示されます。
なお、印刷の拡大/縮小設定など調整を行うことで、結果的に印刷枚数を減らすことも可能です。

○Microsoft Edgeの印刷の実行

Windows 11 のMicrosoft EdgeでWebサイトの印刷をする
☆「設定など」-「印刷」を選択します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11で任意のキーワードを含むWebサイトを検索したい場合にはWebブラウザで「検索ボックス」や検索プロバイダーを利用して検索すればよいのですが、実際に今表示されているWebページの中で任意のキーワードを検索したい場合には、「ページ内検索」を利用します。
「ページ内検索」は以下の手順で実行することができます。

○操作手順

Windows 11 Microsoft Edgeで表示しているWebページ内を検索
☆検索したいWebページが表示されている状態で、「設定」-「ページ内の検索」を選択します。ショートカットキー「ウィンドウズキー」+「F」キーが素早くアクセスできてよいです。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11のMicrosoft Edgeで、現在表示しているWebページをスタートにピン留めしたい場合には、以下のように操作します。
スタートにWebページを登録すれば、スタートからすばやく目的のWebページにアクセスできて便利です。

Windows 11 Webページをピン留め
☆スタートにピン留めしたいWebページを表示します。

→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11のMicrosoft Edgeでは、「アドレスバー」に直接検索キーワードを入力すれば、そのまま検索を実行できます。
なお、このアドレスバーで利用される検索プロバイダーは「Bing」ですが、この検索プロバイダーを任意のものに変更したい場合には、以下の手順に従います。

○検索プロバイダーを変更する


Windows 11 Microsoft Edgeの検索ボックスが利用する検索プロバイダーを追加する/標準の検索プロバイダーを変更するには
☆「設定など」をクリックして、「設定」を選択します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11のMicrosoft Edgeでは閲覧したWeb情報はPC内に「履歴」「キャッシュ」などの形で保存されますが、これらの情報を保存しないでWebサイトをブラウズしたい場合には、「InPrivate ブラウズ」を利用します。

○「InPrivate ブラウズ」を起動する

Windows 11 各種情報を保存せず(履歴を残さず)にMicrosoft EdgeでWebブラウズする「InPrivate ブラウズ」
☆Microsoft Edgeを起動します。「設定など」-「新しいInPrivate ウィンドウ」をクリックします。

→[続きを読む & すべての内容を表示する]