Windows 11で目的のファイルやフォルダーが見えない場合には

Windows 11のエクスプローラーの標準設定では、一般オペレーティングで必要のないシステム系のファイルは表示しない設定になっています。
しかし、システム系の動作確認や、カスタマイズを行う際には、表示しないと設定に支障が出る場合があります。
システム系のファイルを表示するには以下の設定を適用するようにします。

○設定方法

Windows 11 ファイルやフォルダーが見えない場合には
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「エクスプローラーのオプション」を選択します。

Windows 11 ファイルやフォルダーが見えない場合には

Windows 11 ファイルやフォルダーが見えない場合には
☆「表示」タブを選択して「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をチェックします。また「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。
もしくは、エクスプローラーで「表示」-「表示」-「隠しファイル」にチェックをつけます。



Windows 11 ファイルやフォルダーが見えない場合には
☆今まで表示されなかった隠しファイルや隠しフォルダーが表示されるようになります。



■本記事執筆者:
時短×脱ムダ 最強の仕事術 1日が27時間になる一生役立つ「最強スキル」 ●Windows書籍を50冊以上の著者、あるいはその書籍のメインアシスタントが本記事を執筆。著者最新のWindows執筆書籍は 「Windows 11完全ガイド」(SBクリエイティブ)
●Microsoft認定ITプロである、Microsoft MVP(2006 - 2025)取得者、あるいはWindows Insider MVP全期間取得者でもある。
●Windows関連のWebサイトを7つ運営( Win11.jp , Surface.jp , Win10.jp ...etc)。 Windowsの操作やショートカットキーを解説したオンライン講義では、受講者満足度評価10点満点中、平均8.9点の高評価を得る。