Windows 11では、カスタマイズで「コンピューター」「ネットワーク」「ユーザーのファイル」「コントロールパネル」などのアイコンを表示することができます。

○設定手順

Windows 11 デスクトップに「コンピューター」「ネットワーク」「コントロールパネル」などのアイコンを表示するには
☆スタートから「設定」を選択します。「個人用設定」をクリックします。「個人用設定」から「テーマ」を選択し、「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。

→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11では、デスクトップの背景画像が設定されていますが、高解像度壁紙などは壁紙表示は結果的にデスクトップ描画やメモリーに負担をかけています。
デスクトップのパフォーマンスを求めたい場合には、壁紙を表示しないようにするとよいでしょう。

○設定手順

Windows 11 デスクトップ画面の壁紙を変更するには
☆スタート画面から「設定」を選択し、「個人用設定」を選択します。「個人用設定」から「背景」を選択します。

→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11では、昔のアプリが正常に動作しないことがあります。
そのようなときには、まず「互換性の設定」を試すようにします。
なお、この設定を実行する前に、まずアプリのメーカーサイトで、Windows 11への対応情報を確認することをオススメします。

○設定手順


☆「互換性」機能を利用するには、アプリの起動アイコンを右クリックして、メニューから「その他のオプションを表示」を選択します。


☆「互換性のトラブルシューティング」を選択します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11の任意ファイル(フォルダー)を、他のPCからネットワーク経由でアクセス可能にしたい場合には、「共有フォルダー設定」を行います。
「共有フォルダー設定」を行えば、Windowsシリーズの全てでファイル共有を行うことも可能です。 また、共有フォルダーを「読み取りのみ」にするか、「読み書きOK」にするかは、「Everyone」ユーザーアカウントに対して設定を行います。

○基本設定手順

Windows 11 共有フォルダーを設定して、各クライアントからのアクセスを読み取り専用にする/読み書きの許可を行うには
☆共有したいフォルダーを右クリックしてショートカットメニューから「プロパティ」を選択します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11 PCには電源ボタンが備えられていますが、Windows起動後の電源ボタンの役割は任意に変更することができます。
なお、タブレットPCやノートPCの場合「バッテリ駆動時」「電源に接続時」の場面それぞれで、任意の電源動作を指定することができます。

Windows 11 PCの電源ボタンの役割を変更する
☆コントロールパネルから「電源オプション」を選択します。タスクペインから「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。

→[続きを読む & すべての内容を表示する]
ダブルクリックした際に起動するアプリは、データファイルの種類を示す「ファイルの拡張子」の文字列で決定します。
データファイルをダブルクリックするとアプリが自動的に起動してデータファイルを開きますが、これが自分の意図しない(自分の望まない)アプリで起動してしまう場合、以下のように設定を変更します。

○設定手順

Windows 11 データファイルをダブルクリックしたときに開くアプリを変更したい場合には
☆関連付けを変更したいデータファイルを右クリックして、ショートカットメニューから「プログラムから開く」-「別のプログラムを選択」と選択します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11ではファイルをドラッグアンドドロップ操作する際、同じドライブに対して行うと「移動」になり、違うドライブに対して行うと「コピー」になります。
例えば、一般的な環境では「デスクトップ」から「ドキュメント」にファイルをドラッグアンドドロップした際、「移動」になりますがこれは同じドライブだからです。 このドラッグアンドドロップによる「移動」操作を明確に指示したい場合には、以下のように操作します。

○ドラッグアンドドロップ操作で確実に「移動」を行う

Windows 11 同じドラッグアンドドロップ操作でも、ファイルが「コピー」になったり「移動」になったりする場合には
☆移動したいファイルを選択して、移動先のフォルダーにドラッグします。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]