Windows 11では何もしない状態が一定時間経過すると自動的に「スリープ」に移行しますが、この「スリープまでの時間」を変更したい場合には、以下のように操作します。
なお、以下はコントロールパネルからの設定ですが、「設定」からも設定することができます。

Windows 11 スリープするまでの時間設定
☆コントロールパネルから「電源オプション」を選択します。タスクペインから「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリックします。

→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11のドキュメント系のフォルダーはCドライブに配置されています。
この「ユーザードキュメント(ユーザーのファイル)のドキュメント」や「デスクトップ」を任意のターゲットフォルダーロケーションを変更したければ、以下の手順に従って設定します。
「ダウンロード」「お気に入り」など、ほとんどのユーザードキュメントの保存場所を変更することが可能です。

○移動手順

Windows 11 ドキュメント系のターゲットフォルダーを移動するには
☆「Windows(ウィンドウズキー)」+「E」キーでエクスプローラーを起動し「PC」を選択します。「Cドライブ」-「ユーザー」-「(ユーザー名)」と選択します。移動したいユーザードキュメントを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11でデータ保存用などで新たに領域を増やしたい場合には、新規にSSD・ハードディスクを購入するのも手ですが、現在システムドライブに空き容量があれば、システムドライブを縮小することにより、新たな領域を増やすことができます。
手順としては、空き容量のある領域のサイズを縮小して、空き領域を作った後に、新しい領域を作成する形になります。
なお、SSD・ハードディスク内の重要なファイルはあらかじめバックアップしてから操作を行うようにします。

○設定手順

Windows 11 でハードディスクの領域を増やすには(領域を分割するには)
☆タスクバーの「検索」をクリックし、検索ボックスに「ディスクの管理」と入力し、検索結果から「ハードディスクパーティションの作成とフォーマット」をクリックします。


☆「ディスクの管理」が起動します。

→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11の初期ウィザードは、Win10の「私の名前はCortanaです」がいなくなったことで相当快適。

「エクスペリエンスをカスタマイズ」が追加され、「ゲーム」「創造性」「ファミリ」「学業」「エンターテイメント」「会社」などを選択できる。

○新規購入Windows 11 PCの初期ウィザード
新規Windows 11 PCの初期ウィザード


○新規購入Windows 11 初期ウィザード アプリの復元
新規Windows 11 PCの初期ウィザード
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11のカスタマイズやシステムの確認などで、エクスプローラーで普段は表示できない、システム関連のフォルダー/ファイルを表示したいという場合があります。
たとえば、システムドライブのルートにある「pagefile.sys」や通常では表示されないシステムフォルダーなどを表示したい場合です。
これらを表示するには、以下の設定を適用します。

○設定手順

Windows 11 システム系のファイルやフォルダーをエクスプローラーに表示するには

Windows 11 システム系のファイルやフォルダーをエクスプローラーに表示するには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「エクスプローラーのオプション」を選択します。「表示」タブを選択して「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をチェックした上で、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックを外します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11を利用するビジネスシーンや図書館などでは各場面で再生される効果音(起動、終了、エラー、メッセージなど)は、周囲にも迷惑になり、また恥ずかしい思いをすることがあります。

このような効果音を抑止するには、主に二つの方法があり、ひとつは音量を絞る(ミュート)する方法、もうひとつは各音声の割り当てそのものを無音にする方法があります。
なお、後者を適用した場合、デスクトップパフォーマンスを高める効果も期待できます。

○音量をミュートにする


☆通知領域にある「サウンド」アイコンをクリックします。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11では、従来のWindowsで利用していたアプリが正常に動作しないことがあります。
そのようなときには、「互換性の設定」で調整を行い試すようにします。

○設定手順

Windows 11 で以前のWindowsで使っていたアプリを動かすには
☆「互換性」機能を利用するには、アプリの起動アイコンを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11 で画面をタップすると、はタップした場所を薄い円で示す効果が行われますが、この効果を視覚的に強調したい場合には、以下のように操作します。

Windows 11 タップした場所の効果を強調する設定
☆「設定」から「アクセシビリティ」-「マウスポインターとタッチ」と選択します。「タッチインジゲーター」欄にある「タッチインジゲーター」をオンにして、「円の色を濃くして大きくする」をチェックします。

→[続きを読む & すべての内容を表示する]