モバイル通信でSurfaceを活用 povo編~ARM Surface Pro 5G [長期]レビュー~

ARM Surface Pro 5Gはモデル名でもわかる通り5G通信に対応し、SIM/eSIMの双方とも利用できる。

ARM Surface Pro 9 5G

物理SIMを利用したい場合には、キックスタンドを開閉した内側にあるSIMスロットにSIMを差せばよい。

ARM Surface Pro 9 5G

ちなみにここを開けると「ストレージ(NVMe SSD)」も見えるが、このストレージにアクセスできるメリットはそのうち解説しよう。

ARM Surface Pro 9 5G

今回は手持ちのpovo 2.0を差してみた。APN設定を行えばもちろん通信が行える。ちなみにpovoのAPN設定は非常に簡単だ。

※Surface(PC)でのpovo2.0のAPN設定
---------------
・[プロファイル名]
任意

・[APN]
povo.jp

・[IPの種類]
IPv4Pv6
---------------

ARM Surface Pro 9 5G

SIM対応PCを利用したことがないものにとって、疑問に思うかもしれないことをいくつか列記しておこう。

まず、SIM通信の有効/無効はいちいち[ウィンドウズキー]+「I」で「設定」にアクセスせずとも、[ウィンドウズキー]+「A」でクイック設定から簡単に確認と設定が行える。

SIM通信をケチりたい場合にはすぐにオフにすることもできるわけだ(Surfaceはモダンスタンバイ対応なので、スリープ中にも一部のアプリと通信を継続するため、「オフ」は場面によって重宝するのだ)。
もちろん、通常はWi-Fi接続優先であるため、SIM通信を逐次オフにしなくても問題なく運用できる。
ARM Surface Pro 9 5G


通信速度は5Gであるため、通常のWebブラウズなどでは全く問題がない(もちろん通信環境次第)。

当事務所に固定回線が2つあるのだが、一方の光回線より5Gのほうが速いぐらいだ(これは「従量課金制接続」設定により、裏タスクでのダウンロードや同期が抑えられていることもある)。

ちなみに、SIM通信時は通知領域が5Gのアンテナ表示になるため、この点もわかりやすい。

ARM Surface Pro 9 5G


次回は、Surfaceを利用したテザリングについて解説しよう。


次回記事
テザリングもできるSurface ARM Surface Pro 5G レビュー
は「Surface.jp(https://surface.jp.net/)」で掲載
Surfaceの連載最新記事は
●Win11jp(https://win11.jp/)
●Surface.jp(https://surface.jp.net/)
で連載中