Win11 で不要ファイルを削除してディスクの空き容量を確保するには

Windows 11やWindows 11上で動作するアプリは、作業用の一時ファイルとして「テンポラリファイル」を作成して、ストレージ(SSD・ハードディスク)内に累積していきます。
テンポラリファイルがSSD・ハードディスク上に増えていくと、ディスクの空き容量を圧迫し、時にはシステム動作が遅くなったりするのですが、そのような状態を解消するには、不要なテンポラリファイルを消去するようにします。

○実行方法


☆エクスプローラーの「PC」から任意のドライブを選択し、「もっと見る」-「クリーンアップ」をクリックします。
Windows 11 不要ファイルを削除してディスクの空き容量を確保するには
☆しばらく空き容量の計算が行われます。削除するファイルをチェックして「OK」ボタンをクリックします。


Windows 11 不要ファイルを削除してディスクの空き容量を確保するには
☆「ファイルの削除」ボタンをクリックします。不要なファイルが削除されます。