Win11 で共有フォルダーを設定して、各クライアントからのアクセスを読み取り専用にする/読み書きの許可を行うには

Windows 11の任意ファイル(フォルダー)を、他のPCからネットワーク経由でアクセス可能にしたい場合には、「共有フォルダー設定」を行います。
「共有フォルダー設定」を行えば、Windowsシリーズの全てでファイル共有を行うことも可能です。 また、共有フォルダーを「読み取りのみ」にするか、「読み書きOK」にするかは、「Everyone」ユーザーアカウントに対して設定を行います。

○基本設定手順

Windows 11 共有フォルダーを設定して、各クライアントからのアクセスを読み取り専用にする/読み書きの許可を行うには
☆共有したいフォルダーを右クリックしてショートカットメニューから「プロパティ」を選択します。
Windows 11 共有フォルダーを設定して、各クライアントからのアクセスを読み取り専用にする/読み書きの許可を行うには
☆プロパティダイアログの「共有」タブから「詳細な共有」ボタンをクリックします。

Windows 11 共有フォルダーを設定して、各クライアントからのアクセスを読み取り専用にする/読み書きの許可を行うには
☆「詳細な共有」ダイアログでは、「このフォルダーを共有する」をチェックして、「共有名」に任意の共有名を入力します。「アクセス許可」ボタンをクリックします。各種設定は以下の項目に従ってください。


○どのユーザーアカウントからのアクセスも「読み取りのみ」に設定

Windows 11 共有フォルダーを設定して、各クライアントからのアクセスを読み取り専用にする/読み書きの許可を行うには
☆Windows 11の共有フォルダー設定における標準状態は、すべてのユーザーアカウント(「Everyone」)に対して「読み取り」の設定になっています。このまま「OK」ボタンをクリックします。

○どのユーザーアカウントからのアクセスも「読み書きOK」に設定

Windows 11 共有フォルダーを設定して、各クライアントからのアクセスを読み取り専用にする/読み書きの許可を行うには
☆「Everyone」にカーソルを合わせて、「フルコントロール」の「許可」側にチェックします。