Win11 でWindows Updateで更新プログラムを自動的にインストールする際に、自動的な再起動をグループポリシーで抑止するには

Windows 11 の「Windows Update」は、更新プログラムを自動的に導入することができますが、システム系の更新があった場合には、再起動」が実行されることがあります。
再起動の際にはダイアログが表示され、猶予時間が与えられますが、サーバー利用のパソコンではメッセージを確認できないまま再起動が実行されてしまうことも考えられます。
作業の中断や自動的な再起動は困るという場合には、以下の設定を適用します。

○自動更新による再起動を抑止する設定


☆「ファイル名を指定して実行」に「GPEDIT.MSC」と入力して「Enter」キーを押します。「ローカルグループポリシーエディター」が起動します。


Windows 11 Windows Updateで「更新プログラムを自動的にインストールする」を設定している際に、Windows 11の自動的な再起動を抑止するには
☆「ローカルグループポリシーエディター」の左ペインで「コンピューターの構成」-「管理用テンプレート」-「Windowsコンポーネント」-「Windows Update」-「Legacy Policies」と選択します。

Windows 11 Windows Updateで「更新プログラムを自動的にインストールする」を設定している際に、Windows 11の自動的な再起動を抑止するには
☆ 右ペインの「スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合に自動的に再起動しない」をダブルタップ(ダブルクリック)します。


Windows 11 Windows Updateで「更新プログラムを自動的にインストールする」を設定している際に、Windows 11の自動的な再起動を抑止するには
☆ダイアログで「有効」を選択します。

■本記事執筆者:
Windows 11完全ガイド 基本操作+疑問・困った解決+便利ワザ (一冊に凝縮) ●Windows書籍を50冊以上の著者、あるいはその書籍のメインアシスタントが本記事を執筆。著者最新のWindows執筆書籍は 「Windows 11完全ガイド」(SBクリエイティブ)
●Microsoft認定ITプロである、Microsoft MVP(2006 - 2025)取得者、あるいはWindows Insider MVP全期間取得者でもある。
●Windows関連のWebサイトを7つ運営( Win11.jp , Surface.jp , Win10.jp ...etc)。 Windowsの操作やショートカットキーを解説したオンライン講義では、受講者満足度評価10点満点中、平均8.9点の高評価を得る。