タグ「アプリ」が付けられているもの

ダブルクリックした際に起動するアプリは、データファイルの種類を示す「ファイルの拡張子」の文字列で決定します。
データファイルをダブルクリックするとアプリが自動的に起動してデータファイルを開きますが、これが自分の意図しない(自分の望まない)アプリで起動してしまう場合、以下のように設定を変更します。

○設定手順

Windows 11 データファイルをダブルクリックしたときに開くアプリを変更したい場合には
☆関連付けを変更したいデータファイルを右クリックして、ショートカットメニューから「プログラムから開く」-「別のプログラムを選択」と選択します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
アプリ(プログラム)を「管理者として実行」で起動させたい場合、従来のWindowsではプログラムのショートカットでをクリックして「管理者として実行」を選択して行っていました。しかし、Windows 11 のタスクバー上で右クリックしてもジャンプリストが表示されてしまい「管理者として実行」が表示されません。

○タスクバーにあるプログラムを「管理者として実行」で起動する方法

Windows 11 でタスクバーにあるプログラムを「管理者として実行」で起動する方法
☆Windows 11のタスクバー上で右クリックするとジャンプリストが表示されてしまい、通常のコンテキストメニューは表示されません。

→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11では、昔のアプリが正常に動作しないことがあります。
そのようなときには、まず「互換性の設定」を試すようにします。
なお、この設定を実行する前に、まずアプリのメーカーサイトで、Windows 11への対応情報を確認することをオススメします。

○設定手順


☆「互換性」機能を利用するには、アプリの起動アイコンを右クリックして、メニューから「その他のオプションを表示」を選択します。


☆「互換性のトラブルシューティング」を選択します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11では、従来のWindowsで利用していたアプリが正常に動作しないことがあります。
そのようなときには、「互換性の設定」で調整を行い試すようにします。

○設定手順

Windows 11 で以前のWindowsで使っていたアプリを動かすには
☆「互換性」機能を利用するには、アプリの起動アイコンを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]