Windows 11を終了/再起動させない設定: ローカルグループポリシーエディターで電源操作を禁止

Windows 11を触れる人が勝手に電源操作を行えないようにするためには、電源関連操作を消去して、ユーザーによる電源操作を抑止します。
該当パソコンの電源操作(シャットダウンや再起動)を実行されてしまうと、困るような状況で適用します(Home不可、Pro/Education/Enterpriseのみ)。

○設定手順

Windows 11 Windowsの終了/再起動操作を抑止するには
☆「ファイル名を指定して実行」に「GPEDIT.MSC」と入力して「Enter」キーを押します。「ローカルグループポリシーエディター」が起動します。

☆「ユーザーの構成」-「管理用テンプレート」-「タスクバーとスタート画面」と選択。「シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする」をダブルタップ(ダブルクリック)します。


Windows 11 Windowsの終了/再起動操作を抑止するには
☆ダイアログから「有効」を選択します。


Windows 11 Windowsの終了/再起動操作を抑止するには

Windows 11 Windowsの終了/再起動操作を抑止するには
☆電源関連の操作ができなくなります。


■本記事執筆者:
時短×脱ムダ 最強の仕事術 1日が27時間になる一生役立つ「最強スキル」 ●Windows書籍を50冊以上の著者、あるいはその書籍のメインアシスタントが本記事を執筆。著者最新のWindows執筆書籍は 「Windows 11完全ガイド」(SBクリエイティブ)
●Microsoft認定ITプロである、Microsoft MVP(2006 - 2025)取得者、あるいはWindows Insider MVP全期間取得者でもある。
●Windows関連のWebサイトを7つ運営( Win11.jp , Surface.jp , Win10.jp ...etc)。 Windowsの操作やショートカットキーを解説したオンライン講義では、受講者満足度評価10点満点中、平均8.9点の高評価を得る。