Windows 11のクリーンインストールとアクティベーション①

Windows 11をクリーンインストールする方法。
PCにもよるが10分程度で完了する。

●セットアップメディアからの起動

まず、セットアップUSBを接続して、USBメモリからブート。

ちなみにDVDやISOをマウントしてブートする場合には、指定時間内にキー(キーボードのどのキーでもよい)を入力しないとWindows 11のインストールを実行できない。

Windows 11 クリーンインストール


任意の言語を選択。日本語インストーラーならデフォルトのママでよい。

Windows 11 クリーンインストール


「今すぐインストール」をクリック。なお、ここでストレージをあらかじめ整えておきたい場合には、「Shift」+「F10」を入力して、「DISKPART」などのコマンドで処理すればよい。

Windows 11 クリーンインストール


●プロダクトキーの入力

プロダクトキーの入力。Windowsのインストールを何百回もやった人ならわかるが、ここでは「プロダクトキーの入力はしない」のが正しい。デバイス等の環境が整ってからアクティベーションしたほうが確実だからだ。また、アクティベーション済みのデバイスへのWindows 11のインストール(再セットアップ)においては、ここでプロダクトキーの入力しなくてもデスクトップ起動ののちに入力不要で認証できる
つまり、プロダクトキーを所有していても、「プロダクトキーがありません」をクリックする。

Windows 11 クリーンインストール


●エディションの選択

自身が所有するエディションを選択。なお、インストーラーによっては「Home」が外れて代わりに「Enterprise」が選択肢に入る場合や、そもそもこの表示がない場合もある。

Windows 11 クリーンインストール


同意して次へ。

●カスタムの選択



Windows 11 クリーンインストール


クリーンインストールなので「カスタム」を選択する。なお、インストーラーからアップグレードする意味はあまりなく、アップグレードしたいならデスクトップ上でやればよい。

Windows 11 クリーンインストール


●パーティションの作成

自身で任意にパーティションを管理したい場合には、「新規」をクリックして任意のパーティションを作成。全領域でよければそのまま進んでもよい(画面下は任意にパーティションを作成)。

Windows 11 クリーンインストール


●Windows 11のインストール

Windows 11はBitLockerやシステムメンテナンス、マルチブートが行いやすいように、実起動領域とシステム領域は自動的にパーティションが分けられる。画面下はWindows 11ブート後のパーティションの確認だ。

Windows 11 クリーンインストール


インストールは順調に進む。インストーラーに任せておけばよい。

Windows 11 クリーンインストール


続き、初期セットアップとアクティベーション