タグ「トラブルシュート」が付けられているもの

Windows 11での「セーフモード」の通常の起動方法は、キー入力のタイミングが難しく、うまく起動できない場合があります。
Windows 11 のデスクトップ上で、次回の起動モードを指定した上で、セーフモードを起動したい場合には、以下の設定に従います。
なお、以下の設定を適用すると常にセーフモードで起動します(通常モードで起動しなく)。
セーフモードの起動解除を行うには、下記と同様の手順で「セーフブート」のチェックを外すようにします。

○設定方法

Windows 11 セーフモード起動をデスクトップから指定
☆「ファイル名を指定して実行」で「MSCONFIG」と入力して「Enter」キーを押します「システム構成」が起動します。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11ではファイルをドラッグアンドドロップ操作する際、同じドライブに対して行うと「移動」になり、違うドライブに対して行うと「コピー」になります。
例えば、一般的な環境では「デスクトップ」から「ドキュメント」にファイルをドラッグアンドドロップした際、「移動」になりますがこれは同じドライブだからです。 このドラッグアンドドロップによる「移動」操作を明確に指示したい場合には、以下のように操作します。

○ドラッグアンドドロップ操作で確実に「移動」を行う

Windows 11 同じドラッグアンドドロップ操作でも、ファイルが「コピー」になったり「移動」になったりする場合には
☆移動したいファイルを選択して、移動先のフォルダーにドラッグします。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
デスクトップ操作をしばらく行わずにパソコンを放置した後、再びデスクトップ操作を行おうとすると、しばらくレスポンスが悪くなる場合があります。
これは、Windows 11の省電力機能が自動的に働き、SSD・ハードディスクを省電力している状態から復帰させる際のタイムラグです。
放置した後もスムーズにデスクトップ操作を行いたい場合には、SSD・ハードディスクの省電力機能を停止するようにします。

○設定手順

Windows 11 デスクトップをしばらく放置してから再び操作を開始すると、操作が引っかかるような感覚になる
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「電源オプション」を選択します。現在選択している「お気に入りのプラン」から「プラン設定の変更」をクリックします。
→[続きを読む & すべての内容を表示する]
Windows 11では、カスタマイズで「コンピューター」「ネットワーク」「ユーザーのファイル」「コントロールパネル」などのアイコンを表示することができます。

○設定手順

Windows 11 デスクトップに「コンピューター」「ネットワーク」「コントロールパネル」などのアイコンを表示するには
☆スタートから「設定」を選択します。「個人用設定」をクリックします。「個人用設定」から「テーマ」を選択し、「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。

→[続きを読む & すべての内容を表示する]